マカについて|どうしてマカをおすすめするのか?

マカは若々しさを保つ

マカはアンチエイジングに効果

マカの原産国であるペルーは16世紀にスペインに攻め込まれてインカ帝国は滅亡しました。

 

侵略したスペイン人はインカ帝国の人々を見て驚いたことがあったそうです。

 

それは、アンデス山脈で暮らしている人々を見ていると、栄養状態のいい子供や、体格のいい大人が多いことです。

 

スペイン人からすると、気候も厳しくこうちも少ないところなのに、なぜ子供たちまでもが栄養状態が行き届いているのだろうと疑問を抱いたようです。

 

スペイン人はアンデスの人々の食生活を研究して、マカと言う食べ物に行きつきました。

 

もちろん当時は現在のような化学的に分析することはできなかったので、マカを食べるアンデスの人たちが若々しいのかそれ以上の理解はできませんでした。

 

ただ、マカが体にいいということが漠然とわかっていただけでした。

 

マカの研究が進むにつれ、マカに豊富に含まれる有効成分の中でも、特にアルギニンの働きによるものだと考えられています。

 

アルギニンは必須アミノ酸なので体内で合成することはできませんが、とても重要な働きをしているのです。

 

その働きはたんぱく質を作るとともに、生物を成長するホルモンの生成にも関わっているのです。

 

筋肉や骨の発育を促し、生殖機能を活性化させます。インカ帝国の人々が厳しい環境の中で生活していても、マカを常食していたので若々しい体を維持できたいたといってもいいでしょう。

 

また、マカには大量に含まれているビタミンとアミノ酸は、皮膚や粘膜を保護し、皮膚の細胞組織の新陳代謝を活発にさせるので、マカを飲むと肌荒れを防ぎ、皮膚もみずみずしく保つことができるのです。