マカについて|どうしてマカをおすすめするのか?

マカで活性酸素の発生を抑える

マカに含まれているビタミンEは、活性酸素の発生を抑える働きがあります。

 

ビタミンEは美容家の間では若返りのビタミンとして注目されています。このことは動物実験でも証明されており、不妊を防ぐことが確認されています。

 

ビタミンEにはとても強力な抗酸化作用があります。

 

活性酸素の発生を抑え、細胞を破壊する過酸化脂質を分解し、血管を柔軟に保ち血行をよくします。

 

そのために動脈硬化や、脳こうそく、心筋梗塞、がんなどの生活習慣病の発生や廊下を防ぐ働きがあるとされています。

 

水素水も同様の効果が期待できる等ことで注目されています。

 

ただ、合成された成分よりも天然の成分の方が体はより効率的に吸収することができるので、個人的にはマカを使用する若返りの方がいいと考えます。

 

また、マカのビタミンには黄体ホルモンや男性ホルモンの分泌を促す作用もありますので、性機能の向上も期待できるのです。

 

脂溶性ビタミンは水に溶けないので、大量にとりすぎると体に蓄積されて副作用があらわれることもありますが、ビタミンE端要請にもかかわらず、摂取しすぎても弊害の少ないことが特徴なので安心です。

 

ビタミンEを豊富に含む食品は、マカのほかにアーモンド、ヘーゼルナッツ、ピーナッツなどのナッツ類、小麦胚芽、ウナギ、カボチャなどがあります。これらの食品を上手にとって、いつまでの若々しい健康な体を維持してください。

マカで活性酸素の発生を抑える